恐怖!消費者金融のダイレクトメールは信じていいのか?

おいしい話に騙されないようにしよう

誰でも知っている消費者金融、
例えば,
アコム、プロミス、レイク、モビット・・・などいろいろとありますが、
ときどきあなたの家の郵便受けに広告やダイレクトメールなどが入っていたことはありませんか?

 

「お金を貸します」
「ブラックでも大丈夫」
「複数社のローンをまとめます」
「今借りているところより安い金利で貸します」
「困っていることは何でも相談に乗ります」
などなど・・・。

 

お金を借りている人が共通して思うことは、
お金を早く返したいということと、家族や職場にばれたくないということです。
そして、できればもっとお金を借りたい、安い金利でお金を返したいということも考えます。

 

お金を借りている人は、この考えに納得するでしょうし、借りていない人もなんだか気持ち的には分かるかもしれません。
そうなんです、広告やダイレクトメールにはこのように私たちの気持ちを上手く利用したものが多いので、騙されてしまうんです。

 

また「いかにも相談に乗ってどうにかしますよ」というニュアンスで親切さがあるのも事実。
言葉だけを信用すればそう思うのも無理はないのですが、実際はそんな生易しいものではないんです。

 

あなたも騙されないために、しっかりと情報収集して下さい。

闇金も動きにくくなっている

しっかりとした既定の法律に基づいて営業しているのが、銀行や消費者金融です。
総量規制も守っています。

 

上場している会社も多いので、しっかりとした営業をしなければ株主にも迷惑が掛かります。
法律を守って営業しているからこそ、審査が厳しいという側面があるのです。
お金を借りたい人は、審査に甘いところがいいとよく言いますが、それはいわゆる闇金のことを指しているんです。
闇金には総量規制もありません、法律は守らないからこそ、借りている額以上の請求をしますし、嫌がらせもしてきます。
嫌がらせにおいては、会社、実家でもお構いなしですし、ご近所さんに影響を及ぼすこともあるんです。

 

闇金が危ないところというのは誰でも知っているでしょうが、そこに自分から出向くから問題があると思っていませんか?
もちろん、自分から闇金と分かっていてお金を借りる人も存在します。(消費者金融で断られた人などです)

 

しかし、そういう人ばかりでなく、
「郵便受けに入っていた広告やダイレクトメールで借りた先が実は闇金だった」
ということもあるんです。

 

まさしく詐欺にあったという状態となります。
私たちは知らない間に騙され、知らない間に地獄へのドアを開けていることがあるのです。

 

それを防ぐには、
あらゆる情報を入手することと、何でも疑うこと
にあります。

広告主は有名消費者金融

私たちは名前の知れたところには弱いですよね。

 

ですから、有名で名前の知れた消費者金融が出して来たダイレクトメールに、疑う余地が無い場合がほとんどだと思います。

 

しかし、有名な消費者金融が差出人になっているダイレクトメールが、実は他の業者が勝手に作成したものだったらどうしますか?

 

電話番号だけをその業者のものに差し替えていて、名前の知れた消費者金融の名前を語るという手口があるのです

 

または、名前の知れた消費者金融と関連していると言う場合もあります。
その他では、
例えばアコムだったら、その詐欺的な業者の名前がアコムカンパニー
というように、名前の知れた消費者金融の名前に何か付け加えられたものだったり・・・。

 

と、このようにいろいろなパターンがあるのです。
広告も勝手に作成していたりするので、契約している芸能人の写真を載せていたりするので、騙されてしまいます。
私たちが得る情報というのは、ほとんどが目から得ている情報になるので、
このようにネーミングや写真には騙されやすいのです。
もちろん、相手は騙すこと前提で行っているので、あの手この手を使って来ます。
私たちにできることと言えば、常にこのような情報を得ようとすることと、
まずは疑ってかかることくらいでしょうか。

信頼できる金融業者

どこで知ったのか?ダイレクトメールが届く

消費者金融のダイレクトメールが届くことがあります。

 

主に一度どこかで借り入れの経験があるという人に多いのですが、身に覚えのないところからダイレクトメールが届くのです。

 

もちろん、身に覚えがないのですから、気持ちの良いものでもありませんし、家族に知られて面倒なことになる場合もあります。
(過去に黙って借り入れをしていて、返済したのにこのようなことが原因でばれる等)
本人の不安だけならまだしも、家族を不安にさせるのはよくありません。
借り入れをしたことがあるという人は、消費者金融などが共有している情報があって、すぐにこれまでの借り入れ等の経緯が分かってしまうのです。

 

このような信用情報機関にはいくつかあって、これまでの借り入れの経緯だけでなく、審査の結果なども分かるようになっています。
これは、第三者が運転免許証を拾ったりしてお金を借り入れするようなことを防ぐためでもありますし、消費者金融などが、適正な審査をするためには必要な機関なのです。

 

また、最近問題になっている個人情報の漏えい問題、昔からあった個人情報のリストの売買もあります。

 

ですから、このようなダイレクトメールが送られてくるのは防ぎようがありません。
そして、広告に関しても騙されないようにしましょう。

 

 

 

 

NO MORE 偽ダイレクトメール!

言葉巧みにだまされる

「この広告(ダイレクトメール)を見た方だけ限定!」
人間は、限定とか特別とかそういうのに弱い生き物です。
それは仕方のないことなのですが、問題はその言葉が詐欺にも使われていることにあります。

 

限定10人に低金利でお金を貸します

3日間限定でいつもより5%低い金利で貸し出します

今回だけ特別に新規の方は低金利で融資可能

 

このような言葉巧みな宣伝文句に騙されないようにしましょう。

 

 

特に、既に借入ができなくなっている人、特に騙されやすいんです。

 

この特別や限定という言葉は、最終的には特別高金利でお金を返してもらいます・・・ということになるんです。
「1回払いですべてまとめて返せば問題ない」
いえいえ、全くそのようなことはありません。
返せる能力がある=お金を出させることができる。
と、このようにカモとなってしまうことがあるからです。

 

闇金業者は常にカモを探しています。
金を出させるカモ、若い女性なら返せないなら風俗で働かせる。(返済といい、給料の一部をピンハネする)
若い男性なら場合によっては自分たちの仲間に入れてしまうということも・・・。

 

 

あらゆる手法で金づるにします。
若い人から年配者、年金生活者まで被害者は後を絶ちません。